日焼け止め 赤ちゃん

MENU

赤ちゃん用の日焼け止めはあるの?

赤ちゃん用の日焼け止めはありますか?

 

一年を通して降り注ぐ紫外線。子供がある程度大きくなれば遊びに行く時など親御さんが日焼け止めを塗ってあげたりしますよね。

 

そこで気になるのが赤ちゃんへの日焼け止めの使用です。
赤ちゃんに日焼け止めは必要かな?でもまだ大丈夫かな?と思うかもしれません。

 

しかし、実は赤ちゃんにも日焼け止めは必要なんです。
赤ちゃんの肌はすべすべして柔らかいですが、皮膚の厚さは大人の2分の1程度しかないんです。

 

そのため赤ちゃんは紫外線のダメージを受けやすく、きちんとケアをしていないと大人になってからシミやそばかすが出来てしまいます。

 

ただ、生まれたばかりの赤ちゃんは肌がとても敏感なので、生後3ヶ月頃までは日焼け止めは使用せず、室内でも赤ちゃんが直接日光に当たらないように工夫しましょう。

 

生後3ヶ月以降は赤ちゃんに日焼け止めを使用することができますが、大人が使っているものを赤ちゃんに使用するなんてことは絶対にしてはいけません。

 

上記でも軽く説明しましたが、赤ちゃんの皮膚は大人の2分の1程度の厚さであり、刺激の受けやすさも違います。
間違ってもお母さんが使っている日焼け止めを塗るなんてことはせず、きちんと赤ちゃん専用の日焼け止めを使ってあげてください。

 

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶための3つのポイント

赤ちゃんの肌に負担をかけないためにも、日焼け止めに入っている成分はちゃんと理解していなければなりません。

 

赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ3つのポイントを紹介します。

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)タイプのものを選ぶ

紫外線散乱剤(ノンケミカル)は紫外線のエネルギーを肌に吸収せず、跳ね返してくれます。
低刺激で肌に優しいため、肌がデリケートな赤ちゃんに使えます。

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)のものの中でも無香料や無着色のものを選ぶと、赤ちゃんの肌への負担がさらに軽減されます。

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)の表示方法は

 

・紫外線散乱剤
・紫外線吸収剤フリー
・紫外線吸収剤不使用
・ノンケミカル処方

 

などがあるので、こちらが日焼け止めに記載されていたら大丈夫です!

 

石鹸などで落とせるものを選ぶ

日焼け止めは長時間付けていると肌に負担がかかってしまいます。
大人ならメイク落としなどで日焼け止めを落とせますが、赤ちゃんにそういったものは使えません。

 

赤ちゃんの肌に負担をかけないためにも石鹸で落ちるものや、お湯で落ちる日焼け止めを選びましょう。

 

そのほかにもアルコールフリー・防腐剤フリー・無鉱物油・石油系界面活性剤フリーなどと言ったものを基準にすると赤ちゃんの肌への負担がより軽減されます!

 

SPFとPAは数値が低いものを選ぶ

日焼け止めを使っていない人でも一度は耳にしたことがある『SPF』と『PA』。

 

SPFは日焼けの原因と言われている紫外線UVBを防いでくれる値を示します。
PAは肌老化の原因と言われている紫外線UVAを防いでくれる値を示します。

 

SPFもPAも数値が高ければ高いほど紫外線から肌を守る強さ・時間は長いのですが、その分肌への負担もかかりやすいです。

 

赤ちゃんに使用する際にはSPFとPAの数値が低いものを選びましょう。