日焼け止め 敏感肌

MENU

敏感肌でも使える日焼け止めはあるの?

敏感肌でも使える日焼け止めはありますか?

 

敏感肌の方自分にあった日焼け止めを見つけるのにかなり時間がかかると思います。
ですが、敏感肌の方でもきちんと要点を抑えておけば、自分に合った日焼け止めを見つけやすくなります。

 

こちらでは敏感肌の方の日焼け止めの選び方や使い方、オススメの日焼け止めをご紹介します。

 

敏感肌の方の日焼け止めを選ぶポイント

敏感肌の方は、肌を守るバリア機能が周りより低いことで、肌がデリケートになっています。
刺激が強い化粧品などを使ってしまうと、よりバリア機能が低下してしまうので、なるべく肌に優しい成分が入っている日焼け止めを使いましょう。

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)タイプを選ぶ

敏感肌の方が日焼け止めで肌が荒れたりする原因は『紫外線吸収剤』が含まれている日焼け止めを使っていることです。

 

日焼け止めには『紫外線吸収剤』『紫外線散乱剤(ノンケミカル)』の2種類のタイプがあります。

 

紫外線吸収剤は紫外線を肌に吸収する時に、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させます。UV効果も高いので、それが原因で敏感肌の方は肌が荒れてしまうことがあります。

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)は紫外線を反射、発散させるので肌に吸収させずにすみます。その代わり吸収剤に比べるとUV効果は低いので、気づいた時に塗り直すことが必要です。

 

ただ、紫外線散乱剤(ノンケミカル)タイプの日焼け止めは赤ちゃんにも使えるほど肌に優しいので、敏感肌の方はコチラのタイプの日焼け止めが向いています。

 

SPF、PAの数値が低めのものを選ぶ

日焼け止めのパッケージに必ず書かれてある『SPF』『PA』

 

この2つは何を示すのかを簡単に説明するとSPFは日焼けの原因になる紫外線UVBを防ぎ、PAは肌老化の原因になる紫外線UVAを防ぐ役割があります。

 

つまりSPFとPAの数値が高ければ高いほど紫外線の防ぐ効果が高いことになります。その分肌への負担は大きいですが。。。

 

ですので、敏感肌の方はなるべくSPFとPAの数値が高くないものを選びましょう。
通勤や通学などで使う分にはSPF10〜20のものでも十分紫外線を防ぐことが出来ます。

 

肌への刺激が少ないものを選ぶ

余計な成分が入っているとそれだけで肌への負担がかかってしまいます。
肌が荒れる原因として

 

・エタノール
・添加物
・合成着色料
・合成界面活性剤

 

と言った成分が含まれていると敏感肌の方は肌が荒れてしまうことがあります。
このような成分が含まれていないものを選ぶと肌への負担が減るでしょう。

 

敏感肌の方の日焼け止めの使い方

肌に負担がかかるから…と言って日焼け止めを薄く塗ってはいませんか?
実はそれ、肌に逆効果なんです。

 

日焼け止めは厚めにたっぷりと塗ることで滑りが良くなり、摩擦による肌への負担を軽減してくれます。
クリームタイプなら大粒の真珠2個分くらいに、ミルクタイプなら500円玉の大きさくらいに日焼け止めを出して塗ってください。

 

塗る量が足りないと日焼け止めの効果を十分に発揮してくれないので、しっかりと塗りましょうね。

 

また、日焼け止めはこまめに塗り直すことが大事です。
いくら高い数値のSPF、PAのものであっても1日中効果が持続するわけではありません。

 

ですので気づいた時にこまめに塗り直してくださいね。

 

敏感肌の方でも使える日焼け止め特集はコチラ