日焼け止め 使用期限

MENU

日焼け止めに使用期限ってあるの?

日焼け止めに使用期限ってあるの?

 

日焼け止めを毎日使わない人は、去年使っていた日焼け止めを使うなんてこともありますよね。

 

化粧品などの使用期限はよく聞いたりしますが、日焼け止めの使用期限は聞いたことないかも。。。
前の残りを使って大丈夫かな?効果はちゃんとあるかな?

 

そんな疑問を解決すべく、日焼け止めの使用期限について説明したいと思います。

 

日焼け止めに使用期限はある?

日焼け止めの使用期限についてですが、これは保管状態や日焼け止めのタイプによって若干変わってきます。

 

まず、買ったまま放置していた未開封のものは、どのタイプでも3年は効果など変わりなく使用することができます。
開封したものはほとんどの日焼け止めは1年以内が使用期限とされています。

 

基本的に開封したものはワンシーズンで使い切るのが理想ですが、直射日光があたらない常温の室内で保管していれば1年経っても効果など変わりなく使用できます。

 

スプレータイプの日焼け止めは3年使用が可能!

ミルクやジェルタイプの日焼け止めは開封から1年以内が使用期限ですが、スプレータイプの日焼け止めは開封しても3年は使用ができます。
日焼け止めの使用頻度が低い人はスプレータイプを選ぶとコスパ的にも安くすみそうですね。

 

ただ、敏感肌の人などが使うであろう無添加化粧品の日焼け止めの場合、ミルクやジェルタイプよりも使用期限は短く、未開封でも1年以内、開封後は6ヶ月が使用期限とされています。

 

中身が残っていても、無添加タイプのもので使用期限が過ぎてしまった場合はなるべく使わないようにしましょう。