日焼け止め SPF PA

MENU

日焼け止めのSPFとPAって何?

日焼け止めのSPFとPAって何?

 

 

日焼け止めを使用したことがある人は絶対に聞いたことがある『SPF』と『PA』。
大事な成分ということは分かるけど、詳しいことは全然分からない…なんて方がいると思います。

 

SPFとPAが何を意味するのかを説明していきたいと思います。

 

SPFは日焼けを防いでくれる!

SPFは紫外線防御効果という意味で、肌が赤くなったり、焼けてしまったりする原因になる紫外線B波を防いでくれます。
SPFの数字が大きいほど紫外線B波を防いでくれる効果が高いです。

 

SPFの数値は最大で50+であり、10〜20は通勤や通学などの日常生活向き、20〜30は屋外での軽い運動やレジャー向き、30〜50は炎天下でのレジャー、海やプールなど強い日差しの下向けなど、数値ごとで日焼け止めを使い分けることが大切です。

 

しかし、きちんと塗っていないと表示されている数値どおりの効果を発揮してくれませんので、塗り方がムラがないように気をつけましょう。

 

PAは肌の老化を防いでくれる!

PAはシミやシワ、そばかすの原因となる紫外線A波を防いでくれます。
PAの最大値は『PA++++』であり、+が多いほど紫外線A波を防いでくれる効果が高いです。

 

こちらもSPFの数値と同じく、+が1〜2つの場合は通勤や通学向き、+が2〜3つなら屋外でのスポーツやレジャー向き、+が3〜4つなら炎天下での活動向きと、使い分けができます。

 

SPFやPA以外にも耐水性に強いものなどがありますので、シーンに合った使い分けをしましょうね。